あみぐるみのこと。
てづくり教室のこと。
くらしの中のやわらかじかん。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
寒中見舞いハガキデザインのお知らせ

 

おたより本舗さんにて、寒中見舞いはがきをデザインさせて頂きました。

 

私の作品はK1-1007、K1-1008、K2-1244、K2-1245です。

 

こちらは写真入りバージョン。

 

 

おたより本舗さんは、昨年度の年賀状印刷のネット通販全国第1位という大変信頼と実績のある印刷会社さんです。

 

ただいま早期割引でとてもお得になっています。

 

ぜひぜひご利用下さいませ☆

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

17:11 / 年賀状デザイン / comments(0) / trackbacks(0)
年賀状デザインについて その5

 

年賀状デザインについて、その5です。

 

基本的に年賀状は写真に賀詞などを入れた完成形を納品するのですが、今年は新たな試みとして、私が作ったあみぐるみをプロのスタイリストさん、カメラマンさん、デザイナーさんが年賀状に仕上げてくださるというコラボをさせて頂きました。

 

そのデザインが上記のもの。

このデザインを最初に拝見した時、思わず「わぁ〜♡」と声を出してしまいました。

幅広い年代の方に好まれる、新年にふさわしい華やかな年賀状。

こんなにステキに仕上げて下さって、感無量です。

 

こちらのデザインはおかげさまで、現在人気ランキングで第1位!

さすがプロは違います。

 

 

こちらは写真入りバージョン。

夫婦のトリを上手く活かして下さって、結婚報告にピッタリなデザインに仕上げて下さいました。

こちらもランキングで第10位と、人気のデザインです。

 

今回、自分1人では到底思い浮かばなかったり、実現出来ないようなデザインを、このような形でコラボさせて頂き、形に出来たことは、とてもありがたく、貴重な経験でした。

写真の配置の仕方一つとっても勉強になることばかり。

 

創作活動は、ともすると1人の世界で完結してしまいがちなのですが、いろいろな人と協力したり、アイデアを出し合ったりすることで、新たなことを学び、より良いものに高めていけることをしみじみと体感しました。

 

これからも、人との繋がりを大切にしながら、楽しく、皆さんに喜んで頂ける作品づくりをしていきたいと思っています。

 

アーツのスタッフの皆さま、本当にありがとうございました!

 

おたより本舗 年賀状印刷.comさんでは、ただいま年賀はがき1枚47円の他、感謝特割や総額500万円プレゼントキャンペーンなどでとてもお得になっています。

プレゼントには、4K対応テレビやバルミューダ・ザ・トースターもラインナップ。

ぜひご利用下さいませ☆

 

→おたより本舗 年賀状印刷.com

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

21:43 / 年賀状デザイン / comments(0) / trackbacks(0)
年賀状デザインについて その4

 

年賀状について、その4です。

 

撮影が終わった写真は、Photoshopで明るさやカラーバランスの他、ぼかし加工、肉眼では見過ごしてしまった汚れの消去など細かな修正をします。

Photoshopなしでは年賀状のお仕事は成り立たないと言っても過言ではないくらい。

とってもお世話になっているソフトです。

 

修正が終わった写真はIllustrator上で、賀詞、挨拶文、差出人データを配置していきます。

この時、実際に文字と画像を合体させてみると、余白が想定よりも足りなかったり、バランスが悪いということが多々あり、その場合には撮影からやり直すことも少なくありません(涙)。

 

 

 

 

一番上の年賀状とこの写真入り年賀状も、基本的なデザインは同じなのですが、写真入りの場合は余白がないのと、差出人データが入る位置が変わるので、額の幅や床の面積などを微妙に変えて、別々に撮影しています。

 

最後の最後まで気が抜けない作業ですが、頭の中でイメージしたものが、試行錯誤の果てに1枚の年賀状として完成した時の喜びはひとしお。

 

また、そうして完成した年賀状を、一年のはじめにご友人やお世話になった人達に送るものとして選んで頂き、多くの人に手にして頂けるなんて、幸せなお仕事をさせて頂いているなぁとしみじみ感じています。

 

おたより本舗 年賀状印刷.comさんででは、ただいま年賀はがき1枚47円の他、感謝特割や総額500万円プレゼントキャンペーンなどでとてもお得になっています。

プレゼントには、4K対応テレビやバルミューダ・ザ・トースターもラインナップ。

ぜひご利用下さいませ☆

 

→おたより本舗 年賀状印刷.com

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

22:09 / 年賀状デザイン / comments(0) / trackbacks(0)
年賀状デザインについて その3

 

年賀状製作について、その3です。

 

今回は撮影や画像の処理について。

 

私は1枚の写真として撮影できるものをデザインの条件にしています。

単に合成技術がないという話でもあるのですが・・・。

 

なので、例えば以下のヘビが飛んでいるデザインも、合成ではなく、一番後ろの背景、モスク、ヘビをそれぞれ配置して、1枚の写真として撮っています。

実際には丈夫なワイヤーで下からヘビを支えて、ちらっとワイヤーが見えてしまった部分を画像処理で消しているのですが、絨毯のカーブなど、浮遊感を出すのにとても苦労した1枚です。

 

 

また、基本的に私が作るあみぐるみは頭でっかちなものが多く、自立しないこともしばしば。

 

目立たない場所に針で支えを作るのですが、雪のシーンは下にキルト芯や綿を敷くので、そもそも安定も悪く、配置の微調整を繰り返す中で、あみぐるみや小物が倒れてドミノのようにセットが崩れてしまうことが何度もあります(T-T)

 

 

基本的に撮影は室内で自然光で撮っています。

年賀状の作成は春〜初夏に行いますが、雨だと暗くて撮れないし、逆に晴れすぎても影が強く出てしまい、冬っぽく見えなくなってしまうので、天候のタイミングが悪くて撮影がなかなか出来ないことも少なくありません。

 

また、時間帯によっても光の入り方が違うので、だいたい1枚のデザインにつき10時〜16時くらいまで撮影してみて、色の出方などがキレイなものをセレクトしています。

 

1デザインで撮る写真の枚数はだいたい100枚前後。

デジタルカメラ、万歳ですね☆

 

とりとめのない制作裏話を読んで頂き、ありがとうございます。

次回、撮影後の処理に続きます♪

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

10:05 / 年賀状デザイン / comments(0) / trackbacks(0)
年賀状デザインについて その2

 

年賀状製作について、その2です。

 

年賀状を作る際には、おおまかに

’賀状と同じサイズの紙にイラストを描く

大きな画用紙などにイラストや要となる背景、小物を描き仮撮影

あみぐるみや背景、小物類の作成

ぅ札奪謄ング&撮影

ゲ菫の確認&加工処理

Σ貉譟挨拶文、住所などの配置

という工程で進めていきます。

 

それぞれの段階を一言で表すならば、,麓分との勝負、◆Νは時間との勝負、ぁ銑Δ惑瓦蠅両”蕕箸い辰心兇犬任靴腓Δ。

 

毎年一番頭を悩ますのが,離ぅ薀好箸涼奮。

この段階で、自分の中で「これは絶対かわいい!」と思えるデザインが決まればまでは比較的スムーズに進むのですが、年賀状制作も7年目ともなると、デザインがマンネリ化しやすく、煮詰まってしまうこともしばしば。

 

年賀状は春〜夏に納品することが多いのですが、その後は再来年の年賀状のことが頭の片隅にあり、ふとした時にもどういうデザインにしようか考えていたりします。

常に干支を2年くらい先取りしているので、今の干支が分からなくなってしまうことも・・・。
 

その一方で、ふとした瞬間に何かが降りたように頭にイメージが沸くこともあり、不思議とそういうデザインの方が好評だったりします。

このデザインは、今回一番最初にパッと閃いた1枚。

 

イメージしたのは、配達員さんが年賀状を運んで来てくれるのを心待ちにしているお正月の朝。

背景の外壁には漆喰風の塗料を使い、扉もポストも自作しました。

この小物や背景を作るのが、編みものとはまた違った楽しみがあったりもします。

 

 

写真入りバージョンはこちら。

 

次回はぁ銑Δ旅程についての裏話を書きたいと思います♪

 

おたより本舗 年賀状印刷.comさんででは、ただいま年賀はがき1枚47円の他、早期割引や総額500万円プレゼントキャンペーンなどでとてもお得になっています。

プレゼントには、4K対応テレビやバルミューダ・ザ・トースターもラインナップ。

ぜひご利用下さいませ☆

 

→おたより本舗 年賀状印刷.com

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

08:52 / 年賀状デザイン / comments(0) / trackbacks(0)
年賀状デザインについて その1

 

年の一番最初のご挨拶でもある年賀状。

 

最近は、メールやLINEなどですませてしまうことも多いようですが、友人ひとりひとりを思い浮かべて書くメッセージや、お正月にポストを開けるワクワク感など、私にとってはずっと大切にしていきたい伝統の一つです。

 

今年は、おたより本舗 年賀状印刷.comさんで作らせて頂いた年賀状1枚1枚に込めた気持ちや制作秘話をお伝えしていきたいと思います。

 

このデザインでは、床、背景の窓枠、暖炉などはバルサ材を、壁はペイントやのり付けのしやすいスチレンボードを使って作っています。

特に大変だったのは、窓のルーバー。

四角くカットした枠に小さく切ったバルサ材を斜めに貼り付けていくのですが、ズボラな私にはなかなか大変な作業で・・・。

よ〜く見ると、左右の枚数が違ってるという・・・(〃'∇'〃)ゝ。

 

そして、暖炉の上に3つフォトフレームがありますが、ここに子ども達1羽ずつの写真と、親子3羽の写真が入っていることに気づいた方いらっしゃるでしょうか?

目をこらしても分からないような部分なのですが、家族の写真を飾ることで、場面により温かい雰囲気を添えられたらと思い、細かなところにもこだわってみました。

 

 

賀詞はおたより本舗 年賀状印刷.comさんのデザイナーさんが、クレヨンの柔らかく、優しいフォントで、作品を明るく可愛らしい雰囲気に仕上げて下さりました。

プロの方のセンスはさすがで、とても勉強になります。

 

同デザインの写真入りバージョンはこちら。

 

 

壁の四角い部分に好きな写真を入れられるようになっています。

 

子どもや家族の写真を年賀状に載せる際、私は写真を前面に出すよりも、デザインの一部としてさりげない形で画面に入れ込みたいタイプ。

 

なので、年賀状の作成にあたっては、写真を入れて絵になるシーンかということも同時に考えながらデザインしています。

 

ただいま年賀はがき1枚47円の他、早期割引や総額500万円プレゼントキャンペーンなどでとてもお得になっています。

プレゼントには、4K対応テレビやバルミューダ・ザ・トースターもラインナップ。

ぜひご利用下さいませ☆

 

→おたより本舗 年賀状印刷.com

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

21:22 / 年賀状デザイン / comments(0) / trackbacks(0)
1/1PAGES
掲載本&オススメ本

ステキなお教室がいっぱい♪
605*memberお教室ナビ

支援しています
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン
qrcode