あみぐるみのこと。
てづくり教室のこと。
くらしの中のやわらかじかん。
「手づくり&キルトフェア」ありがとうございました!

 

6月2日(土)・3日(日)に開催された「くまにち すぱいす 手づくり&キルトフェア」にワークショップとトークショーで参加させて頂きました。

 

おかげさまでワークショップには連日たくさんの方々にお越し頂き、120個近いかわいいあみぐるみが誕生♪

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

 

大人は見本通りに仕上げる方が多いのですが、子ども達はのびのびとした自由な感性で、自分好みのあみぐるみを作っていました。

 

こういう感性って、いつから変わってしまうのでしょうね。

 

なかなか写真を撮る機会がなかったのですが、最終回の子達の作品の一部をご紹介します。

 

 

 

 

 

同じ白い編み地を選んでいながらも、それぞれに個性が溢れています。

一つとして同じあみぐるみはなく、子どもって本当にすごい!

 

また、トークショーでは私の拙い話に貴重な時間を割いて、耳を傾けて頂き、本当にありがとうございました。

 

子どもの頃の手作りにまつわるあたたかい思い出から、臨床心理士として経験したり、感じてきたことと、手を動かしてものづくりをすることについて、自分の中では同じ1本の線上にある想いが、ご参加くださった皆さまに伝わっていたら嬉しいです。

 

あっという間の2日間でしたが、とても貴重で充実した時間を過ごさせて頂きました。

 

ご来場くださった皆さま、関係者ならびにスタッフの皆さま、ワークショップのアシスタントをしてくれた学生さん、出店者の皆さま、あたたかい声かけやサポートをしてくれた家族や友人に心から感謝しています。

 

本当にありがとうございました。

 

最後に・・・。

今回会場とホテルの間をタクシーで移動したのですが、運転手さんから震災時のことやその後の経過、現状などについて、生の声を伺うことができました。

 

まだ3万9千人もの人たちが仮設住宅に住んでいらっしゃること。

 

家や農機具が破損してしまい、高齢のため農業の再開が難しく、先の生活の見通しが立たない方達がたくさんいること。

 

熊本城の修繕にあと15〜20年もの歳月がかかること。

 

家を壊してもらうにも、中の家財などをまず自分たちで処分しなければならず、老体に鞭を打ちながら、仕事と並行して片付け作業に半年以上を費やしたこと。

 

大きな道路はきれいになったけれども、まだまだ街の中には波打った道路や爪痕が残った建物がたくさんあること、などなど。

 

震災から2年が経過して、ようやく少しずつ復興に向けて歩み出した熊本。

 

2年が経過したからこそ、忘れてはいけないし、目を向け続けることが大切だと教えて頂きました。

 

皆さんに頂いたあたたかい思い出を胸に、私にもできる支援を続けていきたいと思っています。

 

22:55 / - / comments(0) / trackbacks(0)
手づくり&キルトフェア in 熊本 参加のお知らせ

 

6月2日(土)・3日(日)に開催される「くまにち すぱいす 手づくり&キルトフェア」に参加させて頂くことになりました。

 

日本を代表する先生方の作品をはじめ、およそ100点のキルト展示や、約200の手づくりゾーンなど、ワクワクのハンドメイドイベントです!

 

 

私はお子さま向けのワークショップ「ほっこり可愛いあみぐるみ」とトークショーで参加させて頂きます。

 

 

 

 

ワークショップでは、すでに編んである編み地の中に綿を入れて、好きなどうぶつのあみぐるみを作ります。

 

耳や目・鼻で個性を発揮して下さいね♪

 

出来上がったあみぐるみはヘアゴムやブローチ、ストラップとしてお楽しみください。

 

人生初の熊本。

 

たくさんの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

 

イベントの詳細はこちらをご覧くださいませ。

→すぱいす 手づくり&キルトフェア in 熊本
 

17:53 / イベント / comments(0) / trackbacks(0)
掲載本のお知らせ「エコアンダリヤのかごバッグ: 23番糸で編むナチュラルカラーの30作品」

 

掲載本のご紹介です。

 

誠文堂新光社さんから出版される「エコアンダリヤのかごバッグ: 23番糸で編むナチュラルカラーの30作品」に作品を掲載して頂いています。

 

私は「革ベルト付きクラッチバッグ」「タッセル付きワンハンドルバッグ」「プラハンドルのクラッチバッグ」「横長サイズのランチバッグ」「ヘリンボーンクロッシェのミニマルシェバッグ」「半月形クラッチバッグ」「模様編み2wayバッグ」の7点をデザイン・作成させて頂きました。

 

この本の魅力は、なんといってもsimple is best!

ハマナカさんのロングセラー糸「エコアンダリヤ」の中でも最も人気のある23番糸だけを使うという、今までにない作品集となっています。

 

すべての作品がシンプルに1色だけで編まれているからこそ、デザインや編み地の模様、革やバンブーなどの異素材との組み合わせなど、エコアンダリヤの広がりや魅力がストレートに伝わってくる本です。

 

これからの季節にピッタリのかごバッグ。

 

カラー豊富なエコアンダリヤの中から、ご自身の好きな色でアレンジしてみるのもまた楽しみのひとつだと思います。

 

ぜひ、いろいろと編んで頂けたら嬉しいです。

 

JUGEMテーマ:編み物

12:26 / 掲載本 / comments(0) / trackbacks(0)
掲載誌のお知らせ「すてきにハンドメイド 2018年2月号」

 

掲載誌のお知らせです。

 

「NHKテキスト すてきにハンドメイド 2018年2月号」 にて、100円ショップの素材でつくるあみぐるみ作品を掲載して頂きました。

 

何でも揃う100円ショップ、最近は手芸用品もとっても充実しています。

今回は、すべて100円ショップで揃う材料を使い、基礎的なかぎ針編みだけでできる作品をご紹介させて頂きました。

 

作り方のプロセスもとても丁寧なので、かぎ針編みをはじめてみたい方、あみぐるみに興味がある方、放送と併せてぜひご覧頂けたら嬉しいです。

 

放送日時:2月8日(木)21:30〜21:54 Eテレ

     2月13日(火)10:15〜10:39 総合テレビ(再放送)

     2月15日(木)11:30〜11:54 Eテレ(再放送)

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

08:15 / 掲載本 / comments(0) / trackbacks(0)
NHK「すてきにハンドメイド」出演のお知らせ その1

 

2月8日(木)に放送される「ステキにハンドメイド」に出演させて頂くことになりました。

 

「100円ショップの素材であみぐるみ」と題して、あみぐるみマグネットとお掃除ミトンの2点をご紹介させて頂きます。

 

特に、あみぐるみマグネットは「かぎ針編みに興味があるけれど、できるか不安」という初心者さん向けに、なるべくカンタンで、編む量が少なく、短時間でできて、材料費も安く、実用的ということを目指しました。

 

すべての材料が100円ショップで揃うので、編み物をはじめるよいきっかけにして頂けたら嬉しいです。

 

 

 

 

お掃除ミトンは、アクリル毛糸の性質を利用して、お掃除や食器洗いなどの家事にいろいろ使える便利アイテム。

 

必要な時にすぐに使えるよう、身近な場所に置いてあってもかわいく、使いやすいデザインを考えました。

 

同じ編み図を応用して、いろいろな動物を作るポイントなどもご紹介しています。

 

1月21日発売のNHKテキスト「ステキにハンドメイド2月号」とあわせて、ぜひご覧下さい。

 

放送日時:2月8日(木)21:30〜21:54 Eテレ

     2月13日(火)10:15〜10:39 総合テレビ(再放送)

     2月15日(木)11:30〜11:54 Eテレ(再放送)

 

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

09:59 / あみぐるみ / comments(0) / trackbacks(0)
ハマナカさん内覧会&懇親会

 

昨日、ハマナカさんの内覧会&懇親会に参加させて頂きました。

 

長い間愛され続けているハマナカさんの糸について、その歴史や品質へのこだわりなどを伺い、また、多くの人の想いや力が合わさってその糸が出来上がっていることに改めて気づかされ、作家として身が引き締まる思いがしました。

 

会場には、昨年コマコマで作らせて頂いた「かぎ針で編むプラントハンガーとバスケット」のコーナーも!!

 

コマコマのナチュラルな風合いはグリーンインテリアにピッタリなので、ぜひ春・夏に向けて編んでみてくださいね♪

 

 

 

もう1つ、私の個人的なオススメ商品「アクレーヌ」。

 

先日、あみぐるみにアクレーヌを刺して模様をつける作品を作らせて頂く機会があったのですが、まとまりが早く、すごく刺しやすくてビックリ!

 

ストレートヤーンで編んだ編み地にニードルを刺したら、編み地が切れたり、つぶれてしまうのではないか・・・などと考えていたのですが、全くそんなことはなく、編み地にすんなりとキレイに刺すことができました。

 

 

耳の模様や肉球などの編み地では表現しづらい模様にピッタリ!

 

今まで羊毛はいろいろと使ってきましたが、アクレーヌの使い勝手の良さは羊毛とはまた違った形でいろいろなモノに応用できそうで、ワクワクです♡

 

09:02 / つぶやき。 / comments(0) / trackbacks(0)
寒中見舞いハガキデザイン

 

今年もおたより本舗さんにて、寒中見舞いはがきをデザインさせて頂きました。

 

私の作品はK1-1007、K1-1035、K1-1036、K2-1287、K2-1288、K2-1369、です。

 

 

こちらは写真入りバージョン。

 

今年の寒中ハガキは、年賀状のような華やかなものをというリクエストだったので、私には珍しく、ピンク系で春らしい感じにしてみました。

16:25 / - / comments(0) / trackbacks(0)
年賀状デザインについて その4・5

 

 

年賀状デザインについてその4。

こちらはトイプードルのワンちゃんが壁にペイントしている様子をデザインしたもの。

 

 

年賀状デザインは、賀詞と挨拶文が入ったものと、写真入りの2パターン作ることになっているのですが、このデザインは写真を入れることをメインに想定して作ったものでした。

 

余白が多い分、どのような形で写真を入れるかを迷ったのですが、最終的にinstagramのような四角い形の写真を入れる形に。

 

おかげさまで写真入り年賀状部門で6位になり、嬉しいです♡

 

 

逆に、こちらの柴犬は、お正月ののんびり美味しいシーンを描きたくて、後から写真をどのような形で入れるかをとても迷ったデザイン。

 

 

悩んだ結果、床の間に飾る絵のような形で写真を入れることにしましたが、写真が小さめになってしまったので、いっそのこと背景全部を抜いて写真にすればよかったなぁと今になって思ったりも・・・。

 

ちなみに、お餅を焼いている炭はクレヨンを削って、アクリル絵の具で色つけして作ったもの。

お餅や徳利はクレイ粘土で作りました。

なかなかリアルに出来たのではないかと密かに気に入っている1枚です。

 

2018年もたくさんの方に年賀状をご注文頂き、本当にありがとうございました。

 

戌年は始まったばかりですが、私の頭の中ではすでに亥でいっぱい。

 

2019年も可愛い年賀状ができるように頑張ります!

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

10:50 / 年賀状デザイン / comments(0) / trackbacks(0)
年賀状デザインについて その3

 

年賀状デザインについてその3です。

 

こちらのデザインは私が編んだ2匹のワンちゃんを、年賀状印刷.comのデザイナーさんやスタッフの方が撮影、デザインをしてくださったもの。

 

とても可愛らしくワンちゃんを撮影してくださって、新春らしいあたたかく、可愛らしいデザインに仕上げて下さりました。

 

おかげさまで今年も人気ランキングで上位にあがっています。

 

やっぱりプロのデザインは違うものですね。

 

自分はまだまだ勉強が足りないなぁと改めて感じます。

 

 

 

こちらは写真入りバージョン。

 

写真が大きく入るので、お子さんや家族写真にピッタリのデザインです。

 

→おたより本舗 年賀状印刷.com

 

JUGEMテーマ:あみぐるみ

 

 

09:51 / 年賀状デザイン / comments(0) / trackbacks(0)
映画「YARN 人生を彩る糸」

 

映画「YARN 人生を彩る糸」

 

出演しているアーティストの言葉ひとつひとつに頷き、感銘を受け、心に染みる作品でした。

 

糸は羊と綿という自然からの大切な贈り物。

 

その貴重な1本の糸が、編む、織る、縫うという作業でさまざまな作品となり、人々の暮らしを支え、アートとなり、まさに人生を彩っていく。

 

毛糸や編むという行為の愛おしさを改めて感じた至福の時間でした。

 

 

 

 

 

映画館自体もニットでカラフルに彩られていて、ゴミ箱すら可愛く感じる♡

 

手芸好きの方、必見です!

21:20 / - / comments(0) / trackbacks(0)
1/40PAGES >>
掲載本&オススメ本

ステキなお教室がいっぱい♪
605*memberお教室ナビ

支援しています
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン
qrcode